スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
美味! 街で食事するなら、バハイフィリピーノよりもエレナのカレンデリアの方が断然いい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2010/04/19 10:14】 | PGのリゾート宿泊施設&レストランの一例 | page top↑
ホワイトビーチのプール付ホテルについて。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2008/10/28 14:56】 | PGのリゾート宿泊施設&レストランの一例 | page top↑
綺麗でこじんまりとしたLan-seiはガーデンウェディングにgood!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2008/06/21 17:37】 | PGのリゾート宿泊施設&レストランの一例 | page top↑
Asinan Coveの開発およびKalaw Placeについて。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2008/05/19 14:20】 | PGのリゾート宿泊施設&レストランの一例 | page top↑
プエルトガレラの全ビーチめぐり(番外編)- Fishermen's Cove
プエルトガレラの沿岸沿いを移動して紹介しているので「全ビーチめぐり」と銘打ちながらビーチでないところにもスポットを当てることがあった。今回のFishermen's Cove(フィッシャーメンズコーヴ)もビーチ自体はなくリゾート紹介の比重が大きいので、シリーズのなかで特に「番外編」とさせていただく。カテゴリーも、「リゾート宿泊施設&レストラン」とする。

※他の記事同様クリックして大きな画像でお楽しみください。smallbalaterocove26lcc

ブケテアイランドのハリギビーチを超え、サンドバーを過ぎて本島に近づくと、外洋に面した海は窪み状の浦へと変わる。海沿いの道路からは海岸の様子が見えず神秘的な領域であったが、近づいてみるとご覧のようにマングローブが生い茂った岩混じりの泥場だった。沿岸に住んでいる人も多く、蟹や海老はいるかと聞いてみたが、首を横に振った。

fishermenscove33slc

そのマングローブ一帯を少し西に進むとフィッシャーメンズコーヴだ。イタリア人オーナーリゾートで、宿泊施設に加えダイブセンター、イタリアンレストランのサービスを提供している。ジムをはじめカヌー、マウンテンバイク、カヤック等ヨーロピアン好みのオプションも揃う22年の歴史を誇る老舗だが、最近新たにプールやグレードアップした宿泊棟を建設して張り切っている。

fishermenscove40slc

眺めや雰囲気は抜群で、ネイティブ風にヨーロッパの快適さを盛り込んだ「隠れ家」はプエルトガレラのお手本といっていいかも知れない。写真のマングローブは元々生えていたものだろうし、自然を生かす開発という点において「プエルトガレリアン」を感ずる。専用の桟橋に大型バンカを有し、大人数のグループ客でも楽しんでいただけるという。

fishermenscove46cc

写真のテラスでみんなでランチを楽しんだり、ボートでビーチに出かけてBBQ等を楽しんだりするそうだ。イタリアの家族団らんを彷佛させる。地中海スタイルとでもいえるのだろうか? オーナーのPortolanさんによると、これまでイタリアからの顧客が99%だったそうだが、施設も拡充したことだし、今後はもっとインターナショナルに客層を取り込んでいきたいという。

fishermenscove52scc

これは昔からあるネイティブ風宿泊棟。敷地はさほど広大なわけではないが、緑の樹が立ち並び、花が茂っており、より近代的設備を盛り込んだよりゴージャス(といってもプエルトだからシンプル)な宿泊棟も新たに建設された。写真に撮ってもつまらないから止めたが中に入るとかなりスペーシーで、まだ新品の香りがプンプンした。新らしもの好きはぜひどうぞ。

fishermenscove61cc
All the photos above: copyright © 2007 Tetsuya Endo. All rights reserved.

樹々や花々を回り込むと裏手にレストランがある。いい感じである。メニューを見るとかなり値段は高かった。すると、Portolanさんは「55ユーロパッケージ」があるといった。55ユーロで一人一泊、朝食・昼食・晩食(イタリア料理)付。しかも昼食は近くのビーチまでボートで無料送迎可能! プロモーション価格ということだろう。6月から10月(ただし8月を除く)はローシーズンとなるので、さらに5ユーロ安い50ユーロで同パッケージが利用可能。支払いは他の通貨でもOKです。興味のある方はご連絡ください。
連絡先:Tetsuya Endo
C/O Sofia Bunquin, Aguada Subdivision
Poblacion, Puerto Galera
Oriental Mindoro 5203 PHILIPPINES
cell: +63.928.707.2843
email: tetsu95jp@yahoo.co.jp

テーマ:ビーチリゾート - ジャンル:旅行

【2007/11/20 11:17】 | PGのリゾート宿泊施設&レストランの一例 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本人向け汎用パッケージプランについて。(その4)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2007/04/07 15:40】 | PGのリゾート宿泊施設&レストランの一例 | page top↑
日本人向け汎用パッケージプランについて。(その3)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2007/04/06 16:04】 | PGのリゾート宿泊施設&レストランの一例 | page top↑
日本人向け汎用パッケージプランについて。(その1)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2007/04/04 15:46】 | PGのリゾート宿泊施設&レストランの一例 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。