スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
私が立っている場所。その2
そういうわけで、特別居住退職者ビザ(SRRV)手続きのためにマニラ空港に降り立ったその足でPRA(Philippine Retirement Authority)に向かったわけだが、メトロマニラの薄汚れた街を乗降扉開けっ放しボロボロのバスが真っ黒い煙を盛大に吐き出しているのを見たとき、ひどいところに来ちゃったなぁと思ったものだ。

まあいいさ、俺は田舎に住むんだから、と思っていたのだが、当時PRAの職員だった日本人S氏の強い薦めで最初はマカティに住むことになった。ところが、このS氏のいうことをまともに信じてはいけないことが後に明らかになる。

そもそも、フィリピンに来る前何度もメールでやりとりしたときから、私はウェディングフォトグラファーから始めたい旨を彼に伝えていて、フィリピンは結婚式に金を使うから有望だいいところに目をつけたなどといわれ、日本的感覚で官庁に勤めるひとがそういうのだから間違いないと思っていた。

しかしこの方は結局フィリピンの現実を何も知っておられなかった。移動にいつもタクシーを使いジプニーの乗り方も知らない方が知ったかぶりをしてもらっては困る。この貧乏国で得意先をぎゅっと握ったフィリピン人フォトグラファーが、おいそれと異国から来たフォトグラファーに仕事をする機会を許すわけがない。

海外移住を考えている皆さん、現地でいろいろなことをいうひとがあると思いますが、最初の夢を貫いてください。ある程度人生経験があるのなら、あなたが考えたことは、あなたにとって正しいと思います。人生は、短い。私はマカティでずいぶん無駄金を使ってしまいました、、、。

仕事面だけでなく生活面においても、マカティに1年暮らすうちに、よく取り沙汰されるようなフィリピン社会で日本人が出会う摩擦を経験したわけだが、フィリピンに来た最初の段階でつまづきがあったのは確かだ。S氏はおろか、PRAという組織自体も残念ながら信じるに足る組織ではないことが明らかになった。朝令暮改でSRRV取得者へのアフターケアがまったくなされない。

こう書くとまるでフィリピンがとんでもない所のようだが、それは違う。それでもまだフィリピンがいいと思えるのは、「フィリピーノっていい奴らだな」という第一印象がプエルトガレラのような田舎で暮らすと再認識されるのと、やはりここのような空気を吸ってしまったらニ度と日本へは帰れない。ときどきマニラに出かけて帰ってくるだけでも、ぜんぜんくつろいでいる自分に気づく。

というわけで、メトロマニラで自分のマーケットが閉ざされているのなら、自分の好きなプエルトガレラでマーケットをつくってやろう、と考えたのだった。

mindoroisland2-
バタンガス~プエルトガレラ間フェリーからプエルトガレラのタリパナン方面を望む
Copyright © 2007 Tetsuya Endo. All rights reserved.
スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

【2007/02/28 17:55】 | ポストマテリアリズム(フィァッピー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私が立っている場所。
こんなところでこんなことをなぜ私がしているのかというと長い説明を要する。おそらく一冊の本になってしまうだろう。日本のフィリピンパブで出会った女性を追いかけてここまで来てしまった、というよくあるパターンとは無縁なだけに、自分でもなぜ今この地にいるのか不思議な気がする。しかし人生なんてそんなものだろう。

とにもかくにも、私は2005年7月1日にカナダのバンクーバー空港からマニラ空港に家財道具一式を持って降り立ったのである。もちろん偶然だけで来たのではない。東京、バンクーバーで出会ったフィリピーノ、フィリピーナの影響は大きい。いま考えれば彼らはフィリピン社会でも良質な部類に属する人々であったが、なんていい奴らなんだと思った。人間として魅力的だったのだ。

彼らのなかのひとりが「フィリピンでは年間20万円もあれば暮らせる」といっていたのも大きかった。昨今はインフレが激しいこともあって、その言葉は少し大げさな表現であった。が、しかしカナダの大自然とそこで暮らす人々と出会って、北米で広告ディレクターとしてのし上がってやろうという野心が消え失せていた自分には物価安は魅力的だった。

加えて、カナダでいちばん暖かいバンクーバーでも冬の朝は身体の節々が痛んだことが気になった。卑近な話だが、かの地ではベッドのなかで“朝立ち”も起こらなかった。なにか活力が沸かない地であった。

フィリピンは簡単に移住ができる国のなかで唯一英語を公用語としていた。私は広告企画制作分野で育ったので、なんとかそれを異国で応用したいと考えており、英語が通用するのはマストだった。そういうわけで、カナダからフィリピンに引っ越してすぐさま永住ビザのSRRV(特別居住退職者ビザ)を取得してしまった。

テーマ:40代のエンジョイライフ - ジャンル:ライフ

【2007/02/27 17:43】 | ポストマテリアリズム(フィァッピー) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『フィリピンの光と陰』のご案内
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2007/02/26 11:21】 | 写真関連について | page top↑
いい日だった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
【2007/02/24 20:30】 | ポストマテリアリズム(フィァッピー) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。